債務整理と自己破産


複数の貸金業者から借金をしてしまい、完済できる見込みが無い場合には、借金を整理するために債務整理を行います。債務整理には大きく分けて4種類あり、当事者同士で話し合いをして借金の減額を行う「任意整理」やマイホームなどの財産を失いたくない人に向いている「個人再生」、任意整理と内容はほぼ同じだけれども間に裁判所が入ってくる「特定調停」、そして「自己破産」があります。自己破産と聞くと、この世の終わりのような響きに感じられる人もいるかもしれませんが、債務整理の手段の中の1つにあたります。

自己破産を行うと、それまでの借金を返済する義務は無くなってしまいます。しかし、家や車などの財産になりそうなものは全て処分されてしまうため、手放さなければいけません。財産などを手放す必要はありますが、その後の収入は支払に追われることなく生活費として使うことができます

そのため、これまでの負債を自己破産で帳消しにしてしまって新たな人生を歩んでいるという人も少なからずいます。借金問題で自殺を考えるほど追い詰められてしまっていた人は、一度弁護士の無料相談などで借金の相談をしてみてはいかがでしょうか。自己破産でなくとも、借金の額や期間などから弁護士が一番合った返済方法を提案してくれます。

当サイトでは、自己破産をする場合にはどのようにしたら良いのか、またそれによって生じるメリットやデメリットについて紹介しています。何かの参考になれば幸いです。