自己破産の手続き


借金が膨れ上がってしまいどうやっても返済の目処が立ちそうになかったら、自己破産を申請して借金を帳消しにすることができます。

自己破産の手続きを行うには弁護士などの法律の専門家に依頼する必要があります。自己破産にも「同時廃止」「少額管財」という2つの種類があり、条件によってどちらかを選択します。

もし、借金をしている人に高額な財産が無く、破産管財人が免責に関しての調査を行う必要が無い場合には「同時廃止」が選択されます。免責手続きのみ必要な簡易なものなので、申し立てから3~4ヶ月ほどで終わります。ほとんどのことは弁護士を通じて行ってもらえます。

また、もし20万円以上の財産がある場合や個人で事業を営んでいるなどの場合には「少額管財」と呼ばれる手続きを行います。少額管財の場合には同時廃止よりもやや複雑なため時間が必要になることがあります。手続き終了までの期間はおよそ6ヶ月程度です。また、ギャンブルなどで浪費行為が認められるなど、免責負荷事由があっても少額管財となります。

自己破産の手続きを行う場合、少額管財になると少し時間もかかりますが、認められると借金の苦しみから解放されます。もし借金に対して悩んでいる場合には専門家に相談してみましょう。