メリットとデメリット


これまでの借金を支払う義務が無くなる自己破産は、人によってはもう生きていけないといったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、借金が返せなくて大変な思いをしている人にとっては、新たなスタートを切れる絶好のチャンスでもあります。しかし、自己破産にはメリットもあればデメリットもあります。自己破産をする際に気をつけておきたいメリットとデメリットについて紹介します。

まず、自己破産のメリットですが、上記でも説明したように、これまでの借金が無くなります。そして、もし借金をめぐって訴訟や強制執行の申し立てが行われていた場合には、手続きを止めるか業者が訴訟を取り下げる必要があります。

一方で、自己破産のデメリットですが、家などの財産を持っている場合、それらは全て処分されてしまい、財産もなくなってしまうという点が挙げられます。国が発行している官報に名前が掲載されるため、見ている人は多くないとは言え知られてしまう恐れがある。また、保険外交員や警備員などの一部の職業に一定期間就くことができない資格制限が課せられます。もしその職業に着いている場合には転職するか休業しなければいけません。

自己破産をするには大きな決意が必要となるでしょう。それだけに、事前にきちんとメリットとデメリットを知っておくことが大切です。

自己破産の手続き


借金が膨れ上がってしまいどうやっても返済の目処が立ちそうになかったら、自己破産を申請して借金を帳消しにすることができます。

自己破産の手続きを行うには弁護士などの法律の専門家に依頼する必要があります。自己破産にも「同時廃止」「少額管財」という2つの種類があり、条件によってどちらかを選択します。

もし、借金をしている人に高額な財産が無く、破産管財人が免責に関しての調査を行う必要が無い場合には「同時廃止」が選択されます。免責手続きのみ必要な簡易なものなので、申し立てから3~4ヶ月ほどで終わります。ほとんどのことは弁護士を通じて行ってもらえます。

また、もし20万円以上の財産がある場合や個人で事業を営んでいるなどの場合には「少額管財」と呼ばれる手続きを行います。少額管財の場合には同時廃止よりもやや複雑なため時間が必要になることがあります。手続き終了までの期間はおよそ6ヶ月程度です。また、ギャンブルなどで浪費行為が認められるなど、免責負荷事由があっても少額管財となります。

自己破産の手続きを行う場合、少額管財になると少し時間もかかりますが、認められると借金の苦しみから解放されます。もし借金に対して悩んでいる場合には専門家に相談してみましょう。

債務整理と自己破産


複数の貸金業者から借金をしてしまい、完済できる見込みが無い場合には、借金を整理するために債務整理を行います。債務整理には大きく分けて4種類あり、当事者同士で話し合いをして借金の減額を行う「任意整理」やマイホームなどの財産を失いたくない人に向いている「個人再生」、任意整理と内容はほぼ同じだけれども間に裁判所が入ってくる「特定調停」、そして「自己破産」があります。自己破産と聞くと、この世の終わりのような響きに感じられる人もいるかもしれませんが、債務整理の手段の中の1つにあたります。

自己破産を行うと、それまでの借金を返済する義務は無くなってしまいます。しかし、家や車などの財産になりそうなものは全て処分されてしまうため、手放さなければいけません。財産などを手放す必要はありますが、その後の収入は支払に追われることなく生活費として使うことができます

そのため、これまでの負債を自己破産で帳消しにしてしまって新たな人生を歩んでいるという人も少なからずいます。借金問題で自殺を考えるほど追い詰められてしまっていた人は、一度弁護士の無料相談などで借金の相談をしてみてはいかがでしょうか。自己破産でなくとも、借金の額や期間などから弁護士が一番合った返済方法を提案してくれます。

当サイトでは、自己破産をする場合にはどのようにしたら良いのか、またそれによって生じるメリットやデメリットについて紹介しています。何かの参考になれば幸いです。